占いについて

占いはどれくらいの頻度が効果的なのか?

こんにちは。タロットカウンセラー 葵レオラです。
もう8月も終わりですが、
まだまだ暑い日が続いていますね。
でも、今年の夏は、
なんだか寂しい夏だった気がします。

なかなか自由に行動できないことで、
彼と会うタイミングがないというご相談も
多くなっています。
彼になかなか会えないと、
会えない期間の彼の気持ち、
今度はいつ会えるのか?を占ってもらいたく
なりますよね。
でも、どれくらいの頻度で占ってもらうのが
効果的なのか?って実はなかなかわからないと
思います。

そこで今日は、
「占いはどれくらいの頻度が効果的なのか?」について
お話したいと思います。

同じ質問は1日に1回のルール

タロットで占う場合、
同じ質問は1日に1回と言われています。

その理由、いろいろな説がありますが、
私が思うのは、
何度も同じことを占っていると、
占っている側も混乱してくること、
それから、
欲しい答えが出るまでやってしまう
可能性があること、
この2つが大きな理由なのではないかと思います。

占いはあくまでも「ヒント」

タロット占いは、
未来に起こるであろうことを予測できたり、
相手の気持ちがこうではないか?
ということを出すことができます。

この情報、誰でも知りたいですよね。
でも、タロットの結果は100%では
ありません。

だからあくまでも
ヒントとして使って頂きたいのです。

そして、
どうやって占いの結果をヒントにするか
なのですが、
タロットというのは、
「今の自分の状態だったら未来はこうなるだろう」
という予想を出すものです。

なので、もし自分の望まない未来の結果が
カードで出たならば、
思考と行動を変えていけばいいのです。

未来は潜在意識が引き寄せると言われています。
ですから、今この時点で予想されることが、
自分の望まないものであるならば、
どうすれば自分の望む結果を引き寄せられるのか、
それを考えるためのヒントとして、
カードの結果を使って頂きたいのです。

占いはどのくらいの頻度が効果的なのか?

「占いをヒントにする」と考えるならば、
自分の思考と行動が変わってきたな、
そう感じてきたタイミングで占いってもらうのが
効果的だと思います。

タロットの結果の有効期限については、
色々な説がありますが、
私は、自分が変わったなと感じたタイミングで
使って頂くのが一番かと思っています。

でも、そもそも
どうやってヒントにしていけばいいかがわからない
という状況の時は、
自分のことを知るために、
短期間に徹底的に占いを使う!
というのも効果的だと思います。

ですが、その場合、
ご自分で占いから卒業する目標日を
設定して使って頂く方がいいと思います。
目標を持たないと、
自分の意志が持てずに、
全て依存してしまう可能性があるからです。

占いはあくまでもヒント!
最後は自分で決める!
これがとても重要なポイントです。

まとめ

占いの中でもタロットカードは、
毎日同じ結果が出るものではなく、
変化するものだからこそ、
色々と聞きたいことが出て来てしまう気持ち
とってもわかります。

でも、利用頻度があまりに多くなってしまうと、
自分の意志が持てなくなってしまう危険性も
あるのです。

占いをあくまでもヒントにする、
そして、占いを利用するには、
ご自分にあった占い師さんを見つけて、
できればその人に継続的に相談すること。
利用するタイミングは、
自分がちょっと変わったかもしれないな
と感じる時、
または、今ここでは期限をつけて
徹底的に使いたい!と思う時、
がおススメです。

占いを利用する時の参考にしてくださいね。

今日はここまでです。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
葵 レオラ
葵 レオラ
自分の良さを100%出せる生き方を探すお手伝いをします。 「過去も未来も、決めるのは自分自身」がモットーです。 占いに全く興味がなかったけど、今は占いで多くの方とお話できることが 嬉しい毎日です。