占いについて

来年の占いは、今年の振り返りと一緒にやると効果がある

こんにちは。タロットカウンセラー 葵レオラです。
今年も残すところ、あと1か月ちょっととなりました。
来月の今日はクリスマスイブ!
と考えると、本当に今年も残りわずかになったなと
焦ってきますね。

ところでみなさんは
占いはいつやるのが一番いいと思いますか?

私は11月~12月、
まさに今!が占いをやるには最もいい時期だと
思っています。

その理由は、
「今年の振り返りと一緒に来年を考えられる時期」
だからです。

1年を振り返っていますか?

お正月を迎えると、
新しい気分になって、
「今年こそあれやろう」
「今年こそこれをチャレンジしよう」
という風に前向きな気持ちになりますよね。

1月に新たな気持ちでチャレンジしたい
気持ちが強くなるのは、
去年やり残したことがあっても、
それを水に流してもいいよって許してもらえるような
時期だと感じるからではないでしょうか?

家にずっとあったけど、
使わず家の隅に置いてあったもの、
それを思いきって捨てると、
すごくスッキリして、
やる気が出る、といった経験はありませんか?

年始を迎えるって
そういう気持ちになるのだと思います。

でも、「どんな1年だったか」を振り返って、
できたこと、できなかったことを
ちゃんと認識しておかないと、
結局1年後、同じことを繰り返してしまう
可能性が高いのです。

来年、目標を立てた時に、
「去年と何も変わっていない!!!」
ということにならないように、
来年の目標を立てるために、
まずは1年を振り返ることがとても大切なのです。

 

 

 

 

振り返るなら今の時期がベスト

12月に入ると、
お誘いが多くなったり、
気持ちもなぜか焦ってしまって、
なかなかゆっくりと自分と向き合う時間を
とることができません。

だから、この1年を振り返るのであれば、
11月~12月が一番いいのです。

スケジュール表を新しくする前に、
今年のスケジュール表の
1月~11月を見直してみて、
こんなことがあった、
あんなことがあった、
そのことを書きだしてみると、
その時自分がどんなことを感じていたか、
感情を思い出すことができると思います。

今年起きた様々な感情が、
もしかしたら年始に設定した自分の目標を
邪魔する原因になったかもしれません。

来年こそ!と思っている方は、
まずは今年あった自分の感情を整理し、
同じ感情に振り回されないようにしておくことが
大切なのです。

 

 

 

 

振り返りにもタロットを使う

タロットは未来を予測するための
道具ではありますが
自分の過去の感情と向き合うために
使うこともできます。

その場面で自分はどう感じていたのか、
そのことをタロットカードで確認し、
自分の目で客観的にみることで、
ネガティブなことも
ポジティブなことも、
ひとつの事実として残すことができます。

事実として捉えることができ、
そのことを客観的に
捉えることができるようになっていれば、
来年は同じことに振り回されることはなくなるのです。

振り返ってから来年を占う

タロットカードで来年を占ってみた時に、
自分の望まない結果がタロットカードで
出てしまったらどうするか?

その時は、今年を振り返ってみたことの中から、
その原因となることを探すことができます。

今年が終わる前に、
そういったことをしておけば、
来年をスッキリと迎えることができるし、
来年のために、早めに準備することもできるのです。

 

 

 

 

まとめ

せっかく占いをするのであれば、
その結果を100%活かしたいですよね。

そのためには、
前のめりに先のことを見てもらうのではなく、
まずは足元を見ることが大切なのです。

自分の望む結果を出している方の
タロットの使い方の共通点は、
「今の自分がどうなっているか見て欲しい」
とご相談されることです。

タロットで先のことを見て
一喜一憂するのではなく、
常に自分の足元をみて、
自分がどういうところに立っているのか確認する。

この繰り返しをしている方が、
ご自分の望む結果を引き寄せているのです。

ぜひみなさんも、
今年の振り返りにタロット占いを活用してくださいね。

それでは今日はここまでです。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
葵 レオラ
葵 レオラ
自分の良さを100%出せる生き方を探すお手伝いをします。 「過去も未来も、決めるのは自分自身」がモットーです。 占いに全く興味がなかったけど、今は占いで多くの方とお話できることが 嬉しい毎日です。