プロフィール

[no_toc]

プロフィール

はじめまして。このブログの管理人、葵 レオラです。
私は、「時間もお金も自分でつくる生き方を提案」する
タロットアドバイザーです。

経歴

大学卒業後はITの仕事をしていました。といっても、プログラマ → インストラクター → テクニカルサポートと職種を変更。テクニカルサポートの仕事が一番長く、約15年担当しました。これからもテクニカルサポートの仕事を続けていくつもりでしたが、「今後長く続けられる仕事をしたい!」そして「組織に属さないで仕事をしたい!」その2つの強い思いから占い師として独立することを決めました。

なぜ占い師だったのか?

ITから占いという全く異なる世界で働こうと決めた理由は2つあります。

まず1つ目は、私がITの前職を辞めるに至った経緯にあります。私はこれまで「派遣社員」や「契約社員」として働いてきました。私が「派遣社員」として働き始めたのは、約20年前。

その頃の「派遣社員」は、ある特定の分野をプロとして請け負うというイメージがありました。しかし、いつの間にか派遣社員が「非正規雇用」と呼ばれるようになり、正社員よりも低い待遇を受けるのだと感じるようになりました。

しかし私は、派遣・契約社員であったとしても「お客様が満足してくださるサービスを提供する」のがミッションだと考えていたので、自分のスキルアップになると思えるものは積極的に学ぶようにしていました。その結果、お客様から指名されたり、高い評価を頂けるようになりました。

「もっともっとお客様が求めてくださるものに答えていこう」
そう考えていたある日、契約更新のために上司と面談をしたところ、全く想像していない評価・意見を伝えられました。

「仕事はチームでするものであって、ひとりでやるものではない」

つまり、私がやっていたことはチームの輪を乱していたということでした。私は自分のやってきたことを、上司に何度か伝えましたが、そのことが受け入れられることはありませんでした。

「組織の中で仕事をするのであれば、自分の意見を通そうとするのではなく、周りの言うことに従っておいたほうがいい。」
お客様のためと思い続けてきた仕事に対して、上司から言われたこのひとことが大きな決め手となり、私はこれからはどこにも属さずに仕事をしていこうと決めました。

組織に属さないで働こうと決めた私が、会社を辞めてから考えたことが、「自分がなぜ15年もテクニカルサポートの仕事を続けてきたのか?」ということです。
これが占い師になった2つ目の理由になります。

私が長く続けてきたテクニカルサポートという仕事。この仕事は、お客様が抱える問題を解決するというのがミッションです。お客様のお話を伺いながら、原因や問題の本質を探り、その解決策を考え調べお伝えする仕事。そして解決策をお伝えするだけではなく、「お客様の問題が解決すること」がゴール。
私はこの「解決するまでのプロセス」がとても好きだったということに気づきました。

テクニカルサポート以外で同じようなことができる仕事を考えた時に辿り着いたのが「占い師」という仕事でした。

占いの世界に飛び込んで経験したこと

「占いを仕事にしよう」と決めた私は、まずは占い師はどうやったらなれるのか?
を調べました。そして、占いを学ぶ学校があることを知り、即説明会に申込み、説明会の日に入学することを決め申込書にサインしました。

私がその学校に決めた理由は、スクールと提携のお店があったから。とにかくすぐに働きたいという気持ちが強かった私は、働くことが前提になっているその学校に行くしかない!と思いました。

占いに「命・相・朴」という3つの占い方があることすら知らなかった私が、学校に入ってからというもの、朝から夜まで学校で学ぶ日が続きました。

そして、スクール入学から約2か月後、あるお店で先生の空きができたことを聞き、
即出演のお願いをし、無事地元横浜の占い館での出演が決まったのです。

完全に独立しようと決めたきっかけ

占い師としてデビューしてから4カ月が経ったころ、私はあるお店で先輩のいじめを受けました。

お店の中で一切話してもらえなかったり、先輩の食べたお弁当のゴミを持ち帰らせられたり。また、私の態度が大きいということも注意されました。
組織に属していた頃、自分の正しいと思うことを理解してもらえず、それが嫌で組織を離れ占い師になったのに、また同じことが起きたことにとても大きいショックを受けました。

さらに別の店舗では、年上の先輩先生が、新規に来店するお客様を私のところに通してくれずに鑑定することができなかったということもありました。

こういったことを経験した私は、
「これでは組織を離れた意味がないし、本当に離れたことにはならない。」
ということに気づき、真剣に独り立ちすることを決めたのです。

ひとりで全てやるということ

独り立ちを決めた私は、自分のHPを作り、Blogを書き、自分で集客し
売上は100%自分のものになる形を作ろうと決めました。

そんな決意をした直後に出会ったのが、
稼げない起業家を助けるビジネスコンサルタントのMさんでした。
ビジネスコンサルタントをお願いするためには60万円近い金額が必要でした。

当時、売り上げが2桁に行くか行かないかだった私が、ここにお金を使うということはかなりの賭けでした。でも、「ここで真剣にならないとサラリーマンを辞めた意味がない」と決意し、ビジネスコンサルをお願いしました。

ここから私は、HPの作り方・Blogの作り方を学び、何より「稼ぐことに対してのお金のブロック」を外すことができました。

マンツーマンのサポートがあったからこそ、私は独り立ちの準備を一気に進めることができ、そして結果を出すことができたのです。

こんな方の力になりたい!

「自由になりたい」と誰もが思うのに、お金のことを考えるとどうしても躊躇してしまう。
自分自身の稼ぐ力がわからないから、会社を辞めてもなおどこかに所属してしまう。

それが占い師になった私の最初の姿でした。ですが、「自分の本当の気持ち」と向かい合うようになり、「本当にやりたいこと」だけ選び、時間とお金に責任を持つようになってからは、時間とお金をすべて自分の意志でコントロールできるようになり、いろいろなところからいろいろなギフトが送られてくるようになりました。

サラリーマン時代、そして占い師になってからも会社のルールや上司の考えに縛られ、
苦痛を強いられたこともあります。

しかしそんな経験をしたからこそ、占い師になると決めた方が、
「もっと自由に働き方を、そして生き方を選んで欲しい」と思っています。

私はひとりでも多くの方に、「自分を愛し、自由に働き、自由に生きる」ことができる占い師になって欲しいと心から思っています。
そしてそんな方々に、私の分析力・課題解決力をフルに使って「独立占い師」としての働き方の提案をしたいと思っています。

葵 レオラ