天職の見つけ方まとめ!天職を見つけたい方にやって欲しい5つのポイント

「もう今の仕事なんて嫌だ!」「次こそ天職を見つけるぞ!」と思っている方へ、天職ってどうやって見つければいいか、約20年間続けたITの仕事を辞め、「占い師」という天職を見つけた私が、天職を見つけたい方にやって欲しい5つのポイントをお伝えします。

1. 職種で職探しをしない

転職のしたい!と思った時、ほとんどの人が「職種」から次の仕事を探しているはず。次の仕事を手っ取り早く見つけるには、職種から求人を探すのが一番。でも、職種から仕事を探してしまうと、その仕事の枠に自分を合わせていくことになります。天職を見つけるためには、自分が絶対にやりたいことは何かという軸がとても大切になるので、職種から探すということはやめましょう。

2.これまでの経験の棚卸しをする

今日までの経験は、自分の「好き」が必ず隠れているものです。いやいやついた仕事だし・・・という場合でも、その中で経験したことを細かく思い出してみると、必ず1つは「好き」が含まれているものです。但しここでも、「職種」を並べるのではなく、そこで何をやったかを思い出すことが大切。

たとえば、アルバイトで始めたスーパーのレジのバイト。いつの間にか一番先輩になって新しく入ってくるアルバイトを教育していた。となると、レジの仕事だけではなく、「教育」の仕事にも携わっていたことになるのです。

そうやってやってきたことをひとつひとつ思い出して並べてみると、やってきたことに共通点が出てくる可能性もあるのです。共通点を見つけると「あれ?もしかしてこれが好きだったのかも」という気づきになるのです。

3. 「楽しかったこと」と「辛かったこと」をピックアップする

楽しかったことと辛かったことは、「天職」探しには大きなポイントになるところ。2.の棚卸一覧から「楽しい」「辛い」を書き出してみましょう。あまり深く考えずに、「あ、あれ楽しかった」「これは絶対いや!」という感覚を思い出すことが大切です。

4. 働くに当たり、一番大切なものは何?

働くに当たり、どうしても譲れないことを1つあげてください。たとえば、「収入」「上司との良好な関係」「会社の知名度」などなど・・・

5. 「楽しいこと」ができるのは、どんな場所?

自分が「楽しい」と思えることを続けられるのはどんな仕事でしょう?またその仕事を選んだ時、4で出した「一番大切なこと」は妥協しなくてもいいでしょうか?

人は一番大切なものがないときに、とても不安定になり本来の自分の力が出せなくなります。楽しいと思えることを選択して、さらに「一番大切なものも捨てない」仕事の選び方。「ハードルが高い」と思われるかもしれませんが、こうやって仕事を選ぶことで「転職ジプシー」になることはなくなるのです。

 

「ここまでをひとりでやるのは難しい!」という方、個別のご相談承ります。

セッションのご依頼

この記事を書いた人

葵 レオラ
葵 レオラタロットカウンセラー
タロットカードと西洋占星術で、
自分らしく、ストレスなく生きる方法探しをお手伝いします。

「過去も未来も、決めるのは自分自身」をモットーに
自分探しのお手伝いをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です